作編曲家 TATOOのブログ
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のお仕事
『A Shared Dream』 /U-KISS/ AVCD-38441/B/¥3,990 (tax in)/2012.02.29
「おいでシャンプー」 /乃木坂46 ≪初回仕様限定盤≫ ・Type-A SRCL-7966~7 ¥1,600(tax in) ・Type-B SRCL-7968~9 ¥1,600(tax in) ・Type-C SRCL-7970~1 ¥1,600(tax in) ≪通常盤≫ ・SRCL-7972 ¥1,000(tax in) 2012年5月2日発売
コメント
[06/18 ・]
[05/09 虚無僧]
[05/09 虚無僧]
[05/08 TATOO]
[05/08 虚無僧]
[04/20 夕海]
[04/17 ひろしまん]
[03/11 もっぺ2号☆]
[03/01 福田知顕]
[01/10 hana]
プロフィール
HN:
TATOO
性別:
男性
職業:
作編曲家、Keyboards
趣味:
水泳、映画
自己紹介:
本名:多東康孝
(たとう やすゆき)
出身地:北海道
生年月日:19xx年8月9日
身長:178cm
血液型:O型
略歴:
1995年
KAITAのキーボーディストとして
スピードスターよりデビュー。
KAITAの活動を中心にアレンジ、
CM音楽などを多数手がける。
KAITAとして7枚のシングルと3枚のアルバムを発表。
1999年
KAITAはLove Bell Back Lineと名称を変更。
テレビ東京系音楽番組「ソングライトShow!」に出演。
2000年
PAPA X Inc.と契約。
プロデュース活動を開始する。
バーコード
ブログ内検索
「裏」をシリーズ化するつもりは
全く無かったのですが、
福岡から札幌とくれば当然の流れで
こーなっちゃいますよね?

初日、寳龍(ほうりゅう)総本店




道内至る所にあるチェーン店の総本店。
素材は同じはずなのに、
お店によって美味い・不味いが分かれる
逆に奥深いというか・・・
私にとって”標準のみそラーメン”です。

2日目、すみれ本店




カップ麺にもなっている超有名店。
10数年ぶりに訪れました。
油で表面が覆われ湯気が全く立たない、
火傷をせずに食べるのは至難の技 笑
生姜の効いた濃い味にパンチがあります。

3日目、えびそば 一幻 新千歳空港店






東京でも食べられるんですが、
一応ブームに乗っかっておこうかなと。
新鮮だけど何だか懐かしい味でした。

以上、「裏 札幌の陣」でした♫

拍手[29回]

札幌の陣2日目、
何と!初日から6曲入れ替わりました。
曲のお稽古はちゃんとしてありますが、
繋がりと言うか”流れ”が体に入っていないので
そういった意味で演者にとっても
刺激的なステージでしたが・・・
如何だったでしょうか?















地元でも「陣」は
とても感慨深いものがありました。
(っても実家から300キロ以上離れてます)
ちょっと間隔が空きますが
次は”仙台の陣”でお会いしましょう♡

拍手[39回]

札幌でライブをするのは
KAITAの時以来21年ぶり、
うちの実家とは300キロ以上離れておりますが、
それでもちょっぴり”凱旋感”はあります。

今回もタイミング良くバスにて空港へ


札幌に行くのも久しぶり


新千歳空港からバス移動


ニトリ文化ホール


会場入りするなり速攻で


札幌の陣初日、盛り上がりました♫


夜はジンギスカン


2日目も頑張ります!
セットリストが・・・かなり変わります。
お楽しみに♡

拍手[39回]

札幌の陣、始まります!
今日は・・・5時半起き、
諸々確認作業とパッキングを・・・
えっ?セットリストが
あーーー、そーですか。
会場に着いてからのお仕事が多そうです 笑

そして、、、
どーなることやら 笑

札幌でライブをするのは21年ぶり、、、
楽しみです♫

拍手[41回]

ねこさんがホラー映画を鑑賞中のようです。



さぞかしスリル満点な作品だというのは
表情を見れば分かりますね。

拍手[18回]

以前『龍』/石井竜也 7で
「な・い・しょ♡」
にしてた「おいら・の・まつり」の
変更点を発表します!

答えは
「サビのコーラスフレーズを変更した」
です。

アーフタクトも含めたサビの冒頭から2小節、
メロディーは・・・
「シレーーーミレードシー」
それに対してオリジナルのハモリは
「レファ#ーーーソファ#ーミレー」
でした。
所謂「3度上」のラインです。
これはこれで美しいのですが、
コードがGなのでファ#がmaj7になり
浮遊感のある響きでした。
今回はより「力強く」変身させる為に、
「レソーーーラソーミレー」
に変更しました。

違いがお分かりになりましたでしょうか?

拍手[39回]

愛龍(DISC-2)8曲目
「言の葉」
アルバム『龍』で最も手強かったのがこの曲。
時間が掛かりました。
元々は米米の曲としてリリースされていますが、
石井さんのオーダーは、
「和テイストはそのままに全く別曲に」
との事(む、難しい・・・)。

和楽器アレンジも含めて
ワンコーラス分のアレンジは1日で出来ました。
が、イントロが出てこない・・・
何故なら、「原作のイントロが強烈だから」
オリジナルの米バージョンで
何度か演奏してるのもあって、
あのイメージが頭から離れない。
1週間掛かりました。
(オリンピック見ちゃってたせいもあるけど 笑)
デモを送ったところ、
石井さんから「でかした!」とお返事が。
ホッと胸を撫で下ろしました。

歌&コーラスレコーディング当日、
先に美和ちゃんのコーラスを録る事となり、
美和ちゃんはブースに入って
何度かプレイバックを聞きながら
鼻歌を歌いながらフレーズを覚えていた時、
突然、石井さんが歌詞を書き始めました。
当初は「ハァ〜」と言うコーラスと
尺八のユニゾンにする予定でしたが、
現場の即興でこんな仕上がりになりました。
面白いでしょ?笑

尺八:小湊 昭尚
箏・十七絃:山野 安珠美
アコースティックギター:目木 とーる
パーカッション:山田 智之
コーラス:小湊 美和

拍手[39回]

愛龍(DISC-2)10曲目
「希望ヶ丘へ」
この曲、多分CD化されるのは初めてかと。
(違ってたら教えてくださいませ)
オーケストラコンサートでは
何度か演奏されています。
オリジナルは光田くんアレンジかしら?
なので今回は真逆に
限界までシンプルなアレンジを目指しました。

CDのブックレットには今回新録
あるいはリメイクされた曲の
クレジットが書かれています。
それを見るとほぼ全曲に
「Keyboard & Programing:TATOO」
とありますが、
「希望ヶ丘へ」には「編曲:TATOO」
としか書かれていません。
お気付きでしたでしょうか?
そう、この曲は和楽器と石井さんの歌以外
一切楽器が入っていません。
尺八・箏・十七絃というZANからの編成の
集大成とでも申しましょうか、
私なりの挑戦の曲でした。

歌の伴奏に関して和楽器で出来ない要素は
ピアノなどの洋楽器で補えば良いというのが
私の基本的なスタイルなのですが、
如何でしょう?
全く物足りなくないでしょ?
むしろこれで十分というか、
完璧なアンサンブル!
我ながらそう思います。
私的にこのアルバムの中で
一番聞いてて楽しい曲です♫

尺八:小湊 昭尚
箏・十七絃:山野 安珠美

拍手[36回]

愁龍(Disc 1)8曲目
「ゆうやけ」
曲ができた経緯に関してはこちらを。
「アコースティックギター」

ZANバージョンとはキーが違います。
ZAN:Cメジャー、石井さん:Aメジャー。
箏・十七絃、伴奏の尺八はそのまま移調して
フレーズは全く一緒です。
打ち込みのパート、
パッド、グロッケン、ピアノ、ドラムも
演奏データはオリジナルのままで
音色は新しくなっています。
新たに追加したのは生っぽいストリングスと
3サビ(落ちサビ)に入れたボイスパッド、
3サビ直前のシンセのグリッサンドです。

ZANバージョンのイントロと
1番と2番の間のインターは、
亡くなる直前に別曲でレコーディングした
リーダーの篠笛を移植したフレーズです。
今回はそのフレーズをコミちゃんに
篠笛で吹いてもらおうかとも思ったのですが、
1オクターブ下げて尺八で吹いてみたところ、
その場にいた全員一致でこれがいいとなりました。

箏・十七絃は慎ちゃんなんですが、
実はワンフレーズだけ録音するのを忘れてまして、
(3サビに入る直前のグリッサンド)
後日、祐子ちゃんにうちに来てもらって録りました。
箏は3パート+十七絃入っています。

山田さんはZANバージョンの時も
レコーディングに参加していましたし、
植田さん・目木くんも2010年の
薬師寺の時から一緒に演奏してきました。
なので、今回も当然参加して頂きました。



曲名が「夕焼け2017」となっているのは
去年の夏にライブでやる予定で
ライブアレンジをしたセッションを元に
作り直したからです。
その時は一旦できていた歌詞に
石井さんが納得できず、
今回のツアーでの初披露となりました。

書いた自分で言うのもアレなんですけど、
この曲、何回演奏しても毎回楽しいんです。
そりゃ、石井さんのMCや歌声を聞いて
ちょいちょい目頭が熱くなることはありますけどね。


尺八:小湊 昭尚
箏・十七絃:市川 慎
箏:渡部 祐子
アコースティックギター:目木 とーる
ベース:植田 博之
パーカッション:山田 智之

拍手[48回]

ロン毛になってかれこれ22年位になりますが、
何故伸ばし始めたかは
9年前のブログに書いてあります。

「運命の一言」

自分の髪型を意識して切り始めたのは
YMOに憧れてテクノカットにしたのが
最初なんですが(中2の頃?)、
実は小学生の頃、
ロン毛にしたいなと
うっすら思った記憶があります。
それは・・・
西城秀樹さんの影響だったと思います。

西城さんの追悼番組を見ていて
そんな事を思い出しました。

拍手[27回]

一昨日連絡を頂いて、
本日は急遽プリプロ作業。
”和テイストじゃない”プリプロでした 笑
とても久しぶりな気がします。



まだまだ「陣」は半分も終わっていませんが、
大将は先の先を見据えておられるのです。
はい。

拍手[51回]

Mac Proのメモリーが届きました。
これは大阪からやって来ました。


空いていたスロットに挿して


全部埋まりました。
気持ちイイです 笑

構成は・・・


トータル24GB


マックス64GBまで行けますが、
そんなに必要ありません。
あとはSSDを導入したいところですが・・・

さて、ハードの増強はひと段落。
来週はOSのバージョンアップに挑戦!
の予定です。

拍手[15回]

「暖簾に腕押し」と同じ意味の言葉。
「猫にマジック」



暑くて床の上で倒れていた猫さんには
いまひとつ響かなかったようです 笑

拍手[13回]

購入して10年経つMac Pro Early2008。
最新のOSも対応しなくなり
そろそろ買い替えの時期・・・
しかし、処理能力的には全く問題なく、
未だに現役バリバリです。
愛着もありますし引退させるのは忍びない。
と言う訳で、”抗う”ことにしました。

まず、一つ前のOS(macOS Sierra)は
Mac Pro Early2008にインストールできません。
が、
実は無理矢理インストールするパッチがあります。
しかし、標準で装備されているワイヤレスカードが
作動しない(古くてサポート外)
という不具合が生じます。
ならばワイヤレスカードを
バージョンアップすれば良い。
先週発注したパーツがロサンゼルスから届きました。







これを装着すればmacOS Sierraを
インストールしても問題ないはず・・・
ですが、やりかけのアレンジがあるので
しばらく様子見です。

ついでにビデオカードもバージョンアップ!
こいつは中国からやってきました。



標準で付いていた物とはこの違い!


正直、グラフィック作業をしたり
ゲームをしたりする訳ではないので
完全にオーバースペックで消費電力も
かなりのものですが・・・

いいんです!笑

真ん中のが新しいワイヤレスカード


無事収まりました


来週はメモリーが届きます。
16GB→24GBに増強。
そしてmacOS Sierraへ。
何ならmacOS High Sierraも・・・
上手くいけばあと4年位は延命できるかも。

拍手[18回]

普段お仕事で福岡を訪れた際には
ラーメンよりもうどんを食べることが
多い気がします。
東京でもとんこつラーメンは食べられます。
が、博多のうどん(讃岐とは真逆のうどん)は
博多に来ないと食べられないからでしょう。
でも今回は会場に着くなり福岡出身の宮川くんが
「宇宙一美味しいラーメン食べに行きませんか?」
の一言で速攻タクシー移動。
向かったのは「元祖長浜屋」





TVで博多華丸・大吉が紹介しているのを
見たことのあるお店でした。
東京で食べる博多ラーメンとは一線を画します。
とんこつなのにさっぱり・塩分控えめ。
これが本物かと納得の一杯でした。

これで火がついたのか
翌日もらーめん屋を目指しました。
しかも醤油らーめんです。





福島県白河にある鳥出汁醤油らーめんの名店、
「とら食堂」
その支店が博多にある事を私は知っていました。
数週間前にNHKの「プロフェッショナル」で
見てたので 笑
鳥のエキスがとんでもなく濃く、
手打ちのちぢれ麺にスープが絡みます。
これまた絶品!また来ちゃうかも 笑

そして帰りの福岡空港。
前の晩飲みすぎたので
やっぱり「汁もの」を欲していました。
しかも”お酢”はアルコール分解に効く。
と言う訳で・・・

スーラータンメンをチョイス。


これまた美味しゅうございました。
リニューアル中の博多空港には
手荷物カウンターの中に「一蘭」があります。
また、ラーメンストリートには
「五行(焦がし味噌)」も「凪(煮干し)」も!
選択肢が多く悩ましかった
私の「裏 博多の陣」でした♡

拍手[34回]

≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

Copyright c 日々是LOGIC。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆