忍者ブログ
作編曲家 TATOOのブログ
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最近のお仕事
『A Shared Dream』 /U-KISS/ AVCD-38441/B/¥3,990 (tax in)/2012.02.29
「おいでシャンプー」 /乃木坂46 ≪初回仕様限定盤≫ ・Type-A SRCL-7966~7 ¥1,600(tax in) ・Type-B SRCL-7968~9 ¥1,600(tax in) ・Type-C SRCL-7970~1 ¥1,600(tax in) ≪通常盤≫ ・SRCL-7972 ¥1,000(tax in) 2012年5月2日発売
コメント
[03/01 福田知顕]
[01/10 hana]
[09/04 NONAME]
[01/17 ゆか]
[12/28 福田知顕]
[11/24 木村]
[10/14 hana]
[07/30 hana]
[07/30 ひろしまん]
[07/27 さと♪]
プロフィール
HN:
TATOO
性別:
男性
職業:
作編曲家、Keyboards
趣味:
水泳、映画
自己紹介:
本名:多東康孝
(たとう やすゆき)
出身地:北海道
生年月日:19xx年8月9日
身長:178cm
血液型:O型
略歴:
1995年
KAITAのキーボーディストとして
スピードスターよりデビュー。
KAITAの活動を中心にアレンジ、
CM音楽などを多数手がける。
KAITAとして7枚のシングルと3枚のアルバムを発表。
1999年
KAITAはLove Bell Back Lineと名称を変更。
テレビ東京系音楽番組「ソングライトShow!」に出演。
2000年
PAPA X Inc.と契約。
プロデュース活動を開始する。
バーコード
ブログ内検索
ドラムセットはドラマーによって様々です。
セットを見るとそのドラマーのルーツや
影響を受けたドラマーが垣間見えたりして
面白いですね。
そんな中でもかなり個性的なセットを組んでいる
ドラマーがいます。
例えば・・・





テリー・ボジオ
もはや”孤高の芸術家”の域と申しましょうか、
正直「どーしちゃったんだろう?」って感じです 笑

で、記憶を遡ってみたのですが、
確か通常シンバルをセッティングする辺りに
タムを釣り上げてたドラマーがいたような・・・
そう!ある時期の渡辺香津美バンドで!
発見しました!





ジョン・ワッカーマン
フランクザッパバンドで有名な
チャド・ワッカーマンの弟です。
なんでこうなったかと言うと、
動画を見て頂ければ分かりますが、
通常タムを配置する場所に電子マリンバ
(マリンバ型MIDI PAD)を置いた結果、
タムが上に追いやられたようです 笑。
ハイハットの傾きもタムへの距離を
近づけたい故でしょう。
しかもレギュラーグリップ 笑
前のめりなグルーヴ感がかっこいいし上手ですよね。
因みに現在は割と普通なセットになっているようです。

拍手[10回]

PR
「愛の・・・」は書きたかっただけで
内容にはそれほど「愛」はありません 笑

取り敢えずデモ音源の納品を終えた翌日、
内容にはOKを頂いたので
ちょっとブラッシュアップしよーかな〜と
セッションを開いてみたのですが、
なかなか開かない・・・と思ったら
アプリが落ちました。
「ん???なんで?」
こーゆー時まず疑うのは”メモリー”。
ちゃんと全部認識されているか?
システムプロフィールを見ると
16GB積んでいるはずなのに8GBと表示。
「またか・・・」
そう、たまーに認識されなくなる事があります。
そんな時はメモリーを取り外して
何度か刺し直したりすると認識されるのですが、
今回は何度刺し直しても直りません。

上下に2枚のラザーカードが刺さっています。
下のカードのLEDが一つ点灯していますが、
これはメモリーに異常があるというサインです。



左が上のカードで2GBのメモリーが4個、
右が下のカードで4GBのメモリーが2個。



右の奥のメモリーがそっと息を引き取ったようです。



買ってどれくらいかな?6・7年?
うーむ、ちょっと早すぎやしませんかね?
取り敢えず土曜の深夜に発注、
明日には届くみたいで
仕事に支障がなくてよかったですわ。

拍手[8回]

本日、NHK World「Blends」にて
「十七絃筝3」が放送されました。
アレンジしております♫

構成員は・・・
十七絃:森川 浩恵
尺八:小湊 昭尚
津軽三味線:小山 豊
和太鼓:大多和 正樹

曲はジェフ・ベックの「Led boots」です。
かなり原曲通りのアレンジで、
十七絃はストイックにベースラインを、
和太鼓もこれまた元のドラムの雰囲気を
忠実に再現しつつより現代風のビートを刻み、
尺八と三味線でメロディーとハーモニーを紡ぎ
ソロでは自由に暴れまわっております。
撮影は11月29日増上寺にて。
あまりのグルーブにアメリカからの観光客が
収録中ずっと踊ってました 笑
んで、「すげーかっこいいな!どこの国の曲だい?」
と聞いてきたので、
「あんたの国の曲だよ!」と教えてあげました 笑







今日の深夜、25:25に再放送がありますので
スマホ・タブレットをお持ちの方は
アプリをインストールして是非ご覧下さいませ♫

拍手[7回]

バイオリニスト宮本笑里ちゃんの
デビュー10周年アルバム「amour」が
4月26日(水)にリリースされます。
その中の1曲「HA・RE」で
作曲・編曲をさせて頂きました。
そしてその曲がTBSテレビ「王様のブランチ」
4月クールお天気テーマ曲に決定しましたっ!

祝!!!

先日のレコーディングはこれだったんです♫




アルバム発売は1ヶ月先ですので
少々お待ち下さいませ♡

宮本笑里『amour』

①flower
 作曲:宮本笑里 編曲:吉田翔平
②風笛(Orchestra version)
 作曲・編曲:大島ミチル
③My Heart Will Go On featuring May J.
 作詞・作曲:ウィル・ジェニングス
 /ジェームズ・ホーナー 編曲:羽毛田丈史
④Grain of the light
 作曲・編曲:鳥山雄司
⑤You Raise Me Up
 作詞・作曲:ブレンダン・グラハム
 /ロルフ・ラヴランド 編曲:武部聡志
⑥やさしさで溢れるように
 作詞:小倉しんこう/亀田誠治 作曲:小倉しんこう
 編曲:eji
⑦HA・RE
 作曲・編曲:TATOO
⑧シェルブールの雨傘
 作曲:ミシェル・ルグラン 編曲:船山基紀
⑨マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
 作曲:ピエトロ・マスカーニ 監修:林美智子
⑩ヴィヴァルディ:冬 featuring 沖仁
 作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ 編曲:吉田翔平
⑪辿り着く場所
 作曲・編曲:中島ノブユキ
⑫虹色の夢へ
 作曲・編曲:大島ミチル

拍手[9回]

昨日発注頂いたアレンジを
本日完成・納品。
いい、こーゆーの好き 笑

これまた久しぶりに軽快なポップスで
ドラム・パーカッション・ベース・ピアノ・エレピ・
アコギ・エレキ・ストリングス・ホーン・コーラス…
ほぼ「全部入り」状態の
ゴージャスなアレンジになりました。

米米クラブみたい 笑

取り敢えず・・・早めの晩酌スタート♫

拍手[19回]

和太鼓・バイオリンと来て、
先週からは合唱ものをアレンジしております。

普通の歌ものアレンジだと
アクセントとして部分的に
字ハモ・ウーアーを入れますが、
合唱となるともっと全体的に
ハモったり追いかけたり
伴奏的なハーモニーを積んだりと、
手を替え品を替え
一曲通して全部のパートが活躍するような
アレンジが要求されます。

・・・難しい!emoji
けど楽しい!emoji

明日は別件の歌録りです♫

拍手[11回]

普段、レコーディングやステージで
プロのアーティストさんの素晴らしい歌に
感動します。
それとは違った魂の歌を
素人さんから頂く機会も多々あります。
楽しいな…





拍手[5回]

去年の秋から
和楽器関連のお仕事が続いておりましたが、
(それはそれで良い emoji
久しぶりの”洋楽器”がメインなレコーディング。
楽しゅうございました♫
今回は作曲・編曲、両方仰せつかりました。
しかも!近々に聞いて頂けます!
大人の事情で情報公開はギリギリになりますが、
お楽しみに♫





ニーブの卓に天井の高いスタジオ、
贅沢ですわ♡

拍手[10回]

昨日は東京タワー近くの棒スタジオにて
和太鼓のダビングでした。



演奏してくれたのは
ももクロ和楽器レボリューション以来の
金刺敬太くん。
レコーディングでご一緒するのは
初めてでしたが、
素晴らしいパフォーマンスでしたわ♡





拍手[9回]

13時から19時まで
わっさりと17曲!
お稽古しました。
今回初めてやる曲がほとんどなんですが、
ある事実が判明しました。

「コード進行がずっと同じ曲は
演奏していて疲れる」

です。
何か精神的にシンドイ気がします。
はい。

拍手[7回]

世界に和楽器を紹介する
NHK Worldの番組「Blends」
3rd seasonの放送予定がこちら!

#26「締め太鼓」4/1(土)9:55~
#27「桶胴太鼓」3/11(土)9:55~
#28「長唄三味線」4/2(日)13:25~
#29「龍笛」3/12(日)25:25~
#30「大正琴」3/18(土)9:55~
#31「胡弓3」3/19(日)13:25~
#32「ごったん(箱三味線)」3/19(日)23:54~
#33「エレキ津軽三味線」3/25(土)9:55~
#34「十七絃筝3」3/26(日)13:25~
#35「大鼓」3/26(日)23:54~

アプリをインストールすれば
スマホやタブレットで視聴できます。
今回は #26「締め太鼓」と
#34「十七絃筝3」のアレンジをしました。
カバーした曲は・・・ゴリゴリのロックです 笑
お楽しみに〜♫

拍手[10回]

次世代の王道ポップロックを担うバンド、
i nou vory(アイノウボリー)
Vo:かめいあすか
Gt:小松慶太郎
Ba:将
Dr:斉藤広幸
あすかちゃんの伸びやかな歌声と
ポップな曲調が印象的なバンドなんですが、
本日、1st mini Album
『スターティーコレクション』をリリースしました!

「スターティーコレクション」


01. あなたの記憶
02. “DOUBUTSU”カラーバリエーション
03. かわいい2人
04. あまくって あかくって
05. GO!ソーダ!
06. フレンド
07. ユメノボリ★~yume nou vory~
08. My Little Pink Bear
09. モーニング ターニング
10. イキスルコトバ

全10曲入り 2,500円(税込)

何曲か”アレンジ補佐”をさせて頂きました 笑
更に本日、下北沢GARDENにて
レコ発ライブがあります。

会場:下北沢GARDEN
OPEN:18時30分
START:19時00分
前売り:2500(ドリンク別)
 当日:3000(ドリンク別)

拍手[6回]

細野晴臣さんは多くの曲を提供していますが、
中でも「ガラスの林檎」(松田聖子)と
「風の谷のナウシカ」(安田成美)が好きです。
2011年にその「風の谷のナウシカ」の
カバーアレンジをさせて頂く機会がありました。
久しぶりに聴き直してみたんですが・・・
完全に”趣味”丸出しと申しましょうか、
普段からこう言った「芸風」は
ちょいちょい放り込んではいるんですが、
ここまで「どっぷり」なのは珍しいというか、
何だかかなり振り切ってるなと。
ボッサ企画のアルバムなので
申し訳程度にはボッサ感を出しております。
一応・・・

どうでしょう? 汗

「風の谷のナウシカ」/池田綾子


コンピレーション・アルバム
『On / Off ~ 森のボッサ』

¥2,400(tax in)/TECG-24048
2011.06.22

拍手[8回]

我が音楽史においてのビッグバン(大袈裟)
である冨田勲氏・及びYMOとの出会い以前、
音楽の”ジャンル”という概念がほとんどない時代に
「これがギターソロである」とはっきり自覚し、
尚且つ「かっこいいな」と思ったのが、
映画「ロッキー」のテーマでした。
エレクトーンで弾いたなぁ♫

Gonna Fly Now(Theme From Rocky)/Bill Conti


名曲ですね。
ギターソロは01:07からです。
余談ですが「ロッキー」の事を調べていて知った
意外な事実が・・・
ロッキーの恋人「エイドリアン」を演じた
タリア・シャイア、
本名はタリア・ローズ・コッポラ
(Talia Rose Coppola)
そう、何とフランシス・F・コッポラの
妹だったんです!
知ってました?

拍手[7回]

すいません、またまたうっかりしてましたm(__)m
2月15日にU-KISSのHOON(フン)ちゃんの
ソロシングル「雪桜」がリリースされましたが、
そのカップリング「愛奏」のアレンジをやりました。


[CD+DVD] (CD+DVD盤)
2017-02-15
AVCD-83767/B ¥1,944(税込)

「愛奏」はフンちゃんが初めて作曲を手がけた曲で、
「日本語を大切にしたい」という本人の思いから
表題曲と合わせて漢字タイトルが付けられたそう。
イントロからAメロにかけて
メインになっているのはエレピです。
最初はローズとかウィーリッツァーのような
リアルな音色を使ってみたんですが、
どーもしっくりこない。
生々しい音色が白々しいというか・・・
なので普段は派手派手なEDMで使う
「Massive」というシンセのエレピを当ててみると・・・
それがねえ、まったく主張しない音色が
さりげなく歌に寄り添って、
とてもいい感じになりました。
是非聞いてみて下さいませ♫

拍手[4回]

≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

Copyright c 日々是LOGIC。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]