作編曲家 TATOOのブログ
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近のお仕事
『A Shared Dream』 /U-KISS/ AVCD-38441/B/¥3,990 (tax in)/2012.02.29
「おいでシャンプー」 /乃木坂46 ≪初回仕様限定盤≫ ・Type-A SRCL-7966~7 ¥1,600(tax in) ・Type-B SRCL-7968~9 ¥1,600(tax in) ・Type-C SRCL-7970~1 ¥1,600(tax in) ≪通常盤≫ ・SRCL-7972 ¥1,000(tax in) 2012年5月2日発売
コメント
[07/19 ひろしまん]
[06/18 ・]
[05/09 虚無僧]
[05/09 虚無僧]
[05/08 TATOO]
[05/08 虚無僧]
[04/20 夕海]
[04/17 ひろしまん]
[03/11 もっぺ2号☆]
[03/01 福田知顕]
プロフィール
HN:
TATOO
性別:
男性
職業:
作編曲家、Keyboards
趣味:
水泳、映画
自己紹介:
本名:多東康孝
(たとう やすゆき)
出身地:北海道
生年月日:19xx年8月9日
身長:178cm
血液型:O型
略歴:
1995年
KAITAのキーボーディストとして
スピードスターよりデビュー。
KAITAの活動を中心にアレンジ、
CM音楽などを多数手がける。
KAITAとして7枚のシングルと3枚のアルバムを発表。
1999年
KAITAはLove Bell Back Lineと名称を変更。
テレビ東京系音楽番組「ソングライトShow!」に出演。
2000年
PAPA X Inc.と契約。
プロデュース活動を開始する。
バーコード
ブログ内検索
ライブの時のモニターには
足元などに置くスピーカータイプの
ウェッジ(通称”転がし”)と
密閉型のイヤホン等の
イヤモニタイプに分かれます。

ウェッジ


イヤモニ(イヤフォン)


今まではウェッジ派な私でした。
クリックを聞かなきゃいけない現場では、
ウェッジ+片耳イヤホンにしてました。

ウェッジの良さは・・・
・会場の音(歓声や雰囲気)が感じられる。
・モニターの音を耳だけでなく肌でも感じられる。
(結果盛り上がれる)
反面悪いところは・・・
・結構な爆音になってしまいがちで耳を痛める。
・モニターの音をマイクが拾って音が回り出音が濁る。

イヤモニの良さは・・・
・音量を抑えられる(耳の保護)
・会場が変わってもモニターが影響を受けにくい。
・出音と同じステレオ感で聴ける。
・レコーディングに近い感覚で冷静に演奏できる。
悪いところは・・・
・冷静でいられる反面気分が上がりにくい。

例えば「ZEPPツアー」のように
同じような規模と形状のホールの回るツアーなら
従来通りの「ウェッジ+片耳イヤホン」でも
良かったのですが、
今回の『陣』ではその辺の
ばらつきが不安だったので、
最初からイヤモニにしようと思ってました。
とは言え、自分の耳型に合わせた
イヤモニは持ってませんので、
リハ当初は普通のイヤホンを使ってました。
しかしこれだと遮音性がイマイチで、
今回の立ち位置のドラムのすぐ横だと
イヤモニなのにかなりの音量になってしまい
全体のバランスがよく分からない事に。
ならばいっそヘッドホンでよくない?
という事で、リハの後半からヘッドホンにして
ツアーもそのまま続けております。
「将軍たちの午後」の世界観とも
合ってるかなぁ〜と。
如何でしょうか?





続く

拍手[31回]

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[3529] [3528] [3527] [3526] [3525] [3524] [3523] [3522] [3521] [3520] [3519]

Copyright c 日々是LOGIC。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆